Amazonポイントって何?還元率や使い方、効率良い貯め方、有効期限など徹底調査!

皆さんはAmazonポイントってご存知ですか?

○○ポイントというと、パッと思い浮かぶのは楽天ポイント、Tポイント、nanacoポイントなどでしょうかね。Amazonポイントって1番に答える人はおそらくほぼいないと思います。

そのくらい、ちょっと存在感がないんですよね。(めっちゃ失礼…)

私はAmazonプライム会員なので、生活用品を中心にAmazonさんにはとってもお世話になっているのですが、正直結構最近までよく知りませんでした(笑)

でも、ある日、Amazonポイントをいつのまにか所有していたことに気が付きました。

「あれ、いつの間にかこんなにAmazonポイントが貯まってる!?」と自分でもびっくり(笑)

きっと私のように無意識にAmazonポイントが貯まっていて、「いつ付与されたんだろう?そもそもAmazonポイントって???何に使えるの?」と思っている人も多いのでは?

そこで今回は謎の多いAmazonポイントについて調べてみました。
Amazonポイントってなんぞや!と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

Amazonポイントとは?

Amazonポイントとは、その名の通り、Amazonで付与されるポイントのこと。
1ポイント=1円でAmazonでの買い物に使うことが出来ます。

Amazonポイントは対象商品を購入すると、貯まっていきます。

例えば、この柔軟剤を購入した場合は、Amazonポイントが72pt(10%)貰えます。

一方でAmazonポイントの表示がない商品も。表示がない商品=Amazonポイント対象外商品ですので、購入してもポイントは貰えません。

このようにポイント対象外商品があるのがAmazonポイントの特徴です。

楽天など他の通販サイトでは、どのショップでどんな商品を買っても基本的にはポイント貰えますもんね。

Amazonでは対象商品を買わないと、ポイントは一切貰えません。

Amazonポイントの対象商品なのかどうかは、検索一覧ページでも確認できます。

このように商品価格の下に「ポイント:○pt(○%)」と書かれていれば、Amazonポイント対象商品。1番右の柔軟剤は書かれていないのでポイント対象外です。

更によく見てみると、左から2番目の柔軟剤はポイント10%となっていますが、左から1番目と3番目の柔軟剤は1%となっています。

このように商品によってポイント還元率がだいぶ違うのも、Amazonポイントの特徴です。

よーく見ていないと見逃してしまいそうなくらい小さな文字で書かれてありますので、Amazonで買い物をするときにはしっかりチェックしておかないと損ですね。

特にネットで買い物をする時には、Amazonも見て、楽天も見て最安値の比較しながら購入することも多いと思います。

この時に楽天はわかりやすく、「この商品を買うと○○ポイント!」とデカデカと書かれてあるので考慮するのを忘れないと思うのですが、Amazonはかなり控えめに書いてあるので見逃してしまいがち。

楽天もAmazonもしっかり貰えるポイント数を確認して、どっちが本当にお得なのを見極める必要がありますね。

そして、Amazonはポイント還元率10%というものが、わりと普通にあります。
ポイント還元率10%ってことは実質10%オフと同じことなので結構大きいですよね!

でもAmazonは10%って普通に小さく書いてあるだけなので、見落としてしまうんですよね。

これからは価格だけでなく、しっかりAmazonポイントも確認するようにしておきたいですね。

Amazonポイントの有効期限は?

では次に気になるのがAmazonポイントの有効期限について。

せっかくポイントがもらえても、すぐにポイント有効期限失効してしまったらガッカリですよね。

確認してみた所、Amazonポイントは「Amazonの最後の注文日から一年間が有効期限」だそうです。

そして、最後の注文した商品が仮にAmazonポイント対象外だったとしても、有効期限が延長されるとのこと。

Amazonを1年間以上使わず放置していれば失効してしまうようですが、1年間に1回以上は最低でもAmazonを利用する人からすれば「有効期限は実質無期限」ということになりますね。

Amazonをよく利用する人は慌てて使い切る必要はないので、ひとまず安心です。

1年以内にAmazonで買い物をするかどうか分からない人は、早めに使い切っておくのがベストです。

Amazonポイントの確認方法

Amazonポイントの確認はパソコンの場合は以下のような手順で行うことが出来ます。

Amazonのトップページ左上に「Amazonポイント」と書かれた箇所があるので、そこで現在の所有ポイント数を確認することが出来ます。

さらに、「Amazonポイント」のリンクをクリックして、「マイポイント(残高・獲得利用履歴)」を開くと、Amazonポイントの獲得や利用した詳細の履歴を確認することが出来ます。

以下がAmazonポイントの残高・獲得利用履歴の一覧ページです。

ステータスが「仮」となっているのが仮ポイント。仮ポイントは注文すると即時で付与されます。(あくまで仮なのでまだ割引に使うことは出来ません。)

そして商品が手元に届くとステータスが「確定」に変わり、Amazonポイントが正式に付与される形です。

「あれ、このAmazonポイントは何を買った時に貯まったんだろう?」というときにはこの一覧ページを見れば分かると思います。

私もAmazonポイントはあまり普段意識していませんでしたが、これを買った時にポイント貰えてたんだ、へぇ~!と結構意外でした。

Amazonってただでさえ、その辺のホームセンターなどで買うよりも安い商品が多いですよね。

私はホームセンターの近くに住んでいるので時々行くのですが、ホームセンターに買い物に行っても、Amazonで価格をチェックすると「Amazonのほうが安い!」となることが多くて、結局ほとんどホームセンターで買うものがあんまり無いんですよね^^;(汗)

それくらいAmazonはお買い得価格の商品が多い上に、ポイントまで貰えて、さらにクレジットカードのポイントまでつくなんて・・・もうAmazonでしか買い物出来なくなってしまいそうです(笑)

ちなみにAmazonポイントをスマホアプリで確認するには、以下の手順で出来ます。

Amazonアプリを立ち上げたら、左上の三本線のメニューをタップします。

「アカウントサービス」を開きます。

支払い&住所の「Amazonポイント残高の確認」を開きます。

そうすれば、Amazonポイントの残高・獲得利用履歴の一覧ページが表示されます。

スマホアプリの場合は、何個かメニューを開かないとAmazonポイントの確認が出来ないのでちょっとややこしいですね。

普段はスマホアプリから注文をすることが多いので、だから余計にAmazonポイントの存在が薄く感じられるのかもしれないですね。(失礼・・・w)

Amazonポイントの使い方

Amazonポイントの使い方は至って簡単です。

いつもどおり、欲しい商品をカートに入れて注文確認ページへいきます。

するとAmazonポイントを設定する箇所がありますので、使いたいポイント数を入力し「適用」を押すだけです。

「986」といれて適用してみたところ、しっかりAmazonポイント分割引が適用されました♪

このようにAmazonポイントの使い方は至って簡単なのですが、使い道としてはAmazonの買い物でしか使うことは出来ません。

例えば、Amazonポイントをマイレージに移行したり、他社ポイントに交換したり、換金したりetc…。

他社のポイントでは当たり前にできるような事ですが、AmazonポイントはあくまでもAmazon内のお買い物にしか使うことが出来ないということを頭に入れておきましょう。

Amazonポイントの貯め方

Amazonポイント、せっかくなら効率よく貯めていきたいですよね?

では、Amazonポイントを貯めるにはどうすればいいのでしょうか?

対象商品をしっかりチェックして買う

まずはこれに尽きますね!

対象外商品を買い続けても、Amazonポイントは残念ながら一切たまりません(´;ω;`)
洗剤などの消耗品をAmazonで定期的に購入している場合には、出来る限りAmazonポイント対象の商品に切り替えたほうがお得でしょう。

特にメーカーにこだわりのないものはAmazonポイント対象の商品に乗り換えてしまいましょう。

これだけでもAmazonヘビーユーザーの人であれば、結構貯まると思います。

Amazonクレジットカードを使う

Amazonポイントを更に貯めたい人は、Amazonのクレジットカードの利用もおすすめです!

Amazonでのお買い物はもちろん、Amazon以外のお買い物にもAmazonポイントが付きます♪
なお、Amazonクレジットカードにはクラシックとゴールドの2種類があります。

Amazonマスターカードクラシック

年会費
初年度無料(2年目以降は年会費1,350円(税込))
※入会から12ヶ月後の月末までにカードの利用が1回でもあれば、翌年度も年会費無料。
特徴
入会特典でAmazonポイント5000円分(5000pt)が自動付与!
Amazonでの買い物は非プライム会員は1.5%。プライム会員は2%。
Amazon以外での買い物は1%のポイント還元率!

Amazonマスターカードゴールド

年会費
10,800円(税込)
※マイ・ペイすリボに登録&WEB明細書サービスの利用で2年目以降は最大6,480円割引可
特徴
アマゾンプライム会員特典が使い放題
(すでにプライム会員の場合は、未使用期間分の会費は返金されるようです」
Amazonでの買い物は2.5%。
Amazon以外での買い物は1%のポイント還元率!

このような内容なのですが、断然「Amazonマスターカードクラシック」がおすすめ!

ゴールドのほうは年会費が結構かかる割に、Amazonポイントの還元率がたった+0.5%しか増えません。(Amazonプライム会員だった場合の比較)

「Amazonマスターカードクラシック」なら一年に一回以上利用していれば、年会費はずっと無料で使うことが出来ます。

そして、Amazonでの買い物は非プライム会員は1.5%。プライム会員は2%のAmazonポイントを貯めることが可能ですし、その他のお買い物でも1%貯めることが出来ます。

しかも、入会特典でAmazonポイント5000円分(5000pt)が自動付与されます。

内容的には断然クラシックのほうが良いですね。2%のポイント還元率はそこそこ良いので、Amazonでの買い物専用カードとして作っておくのはありですね。

Amazonギフト券へ現金チャージ

Amazonギフト券というと、コンビニなどで置いてあるのを見かけたことがある人も多いと思います。

ギフト券というくらいなので、お友達の誕生日プレゼントなどで贈るものだろうと考えてしまうかもしれませんね。

しかし、Amazonギフト券には「チャージタイプ」というものが存在するのをご存知ですか?

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入すると、ご自分のAmazonのアカウントに現金をチャージすることが可能です。

そして注目すべきは、このチャージ金額に応じてAmazonポイントが付与されるという点!(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いに限ります)

このように、1回のチャージ金額に応じて、Amazonポイントが付与されるんです。
なんと最大でAmazonプライム会員で2.5%。非会員でも最大2%付与されます。(9万円以上のチャージ)

「Amazonクレジットカードかぁ…でも、今メインで使っているクレジットカードが他にあるしなぁ」

「クレジットカードの枚数これ以上増やしたくないんだよな~」

「クレジットカードは好きじゃない。もっぱら現金派です。」

なんて人はこのAmazonギフト券(チャージタイプ)を利用すると良いですね。

ちなみに、チャージしたお金は10年間の有効期限です。こちらもAmazonヘビーユーザーの方なら全然問題ないと思います。

まとめ

以上、今回は気が付かないうちに貯まっていることの多いAmazonポイントについて調べてみました。

今回はこの記事を書きながら私も知らなかったことが多く、勉強になりました。

正直あまり注目していなかったのですが、これからAmazonで買い物をするときには要チェックですね!

Amazonポイントを効率よく貯めたい人は、Amazonクレジットカード(クラシック)かAmazonギフト券の現金チャージを上手に利用しましょうね。

ポイ活って一体何?初心者はまず何から始めればいいかをわかり易く解説!

2018.06.29

楽天の「SPU」って一体何?SPUのルールおさらいと攻略法を教えます♪

2018.05.25

楽天カードのポイント還元率・ポイントの使い道・効率よく貯める方法まとめ

2015.10.22