東京あそびマーレの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

お子さんとの時間の過ごし方、どうしていますか?

いつもおうちで遊んだり、近所にお散歩に行ったりというのもいいですが、たまにはいつもと違う場所に遊びに行くのもいいですよね。

2018年4月にオープンした東京あそびマーレは、親子で1日中楽しめるスポットとして話題になっています。

なるべく多く遊びに行くためにも少しでも安く楽しめる方法は知っておいた方がいいですよね!

そこで今回は東京あそびマーレを割引価格で楽しめる方法などをご紹介したいと思います!

東京あそびマーレとは?

東京あそびマーレは東京都八王子市にある室内遊園地です。

室内で遊べるので、天候が悪い時でも、花粉症などで外で遊ぶのはちょっとつらい…という時期でも1日中楽しむ事が出来ます!

アクセスも京王線堀之内駅の南口から直結という便利さなので、雨の日でも濡れることなく遊びに行く事が出来ますね!

10:00~19:00(最終受付18:00)まで遊ぶことが出来、入園対象は保護者同伴の小学生まで。

mayu
東京あそびマーレは一時退出・再入場が出来るので、本当に1日中遊ぶことが出来ます!

ちなみに一時退出に関しては、入口のインフォメーションセンターにいるスタッフに言えばOKです。

再入場のスタンプを手の甲に押してもらえます。

遊ぶ際に色々と気になる身の回りの物も、無料のロッカーがあるので預けて安心して遊ぶことが出来ますし、
お子さんは小学生までと言いつつも、大人も楽しめるんじゃないの?と思えるような遊具や知育玩具がたくさんあります!

また、ベビールームとか授乳室も完備なので、お母さんにとってはかなり便利な環境なんです!

遊具や玩具で遊ぶだけじゃなく、スノータウンで遊ぶ事も出来るので、本当にあっという間に時間が過ぎてしまいます。

遊びに行く際におすすめしたいのはやっぱり平日

平日の方が圧倒的に混雑が少ないので、比較的好きに遊ばせてあげる事が出来ます。

土日祝日など、混雑時に行った場合だと、人気のある遊びに関しては時間制限や回数制限がついて、交代して使うようになる場合もあるようです。

大人も一緒について遊んであげる遊び場なので、普段から運動不足気味だというお父さん、お母さんにとっては次の日筋肉痛になってしまうという人も多いそう。

mayu
運動不足解消!と思って、思いっきりお子さんと一緒に楽しんじゃってください。

東京あそびマーレの通常入場料金は?

東京あそびマーレを通常料金で利用した場合どのぐらいかかるのかをまずは確認してみましょう。

平日 1,200円
休日 1,500円
休日は土・日・祝・祭・東京あそびマーレが定める特別営業期間

この料金は2歳から大人まで共通した料金になります。

mayu
0~1歳のお子さんは無料なのがうれしいですよね!

室内遊園地とスノータウンの利用が可能です。

子供と遊べる室内型の遊び場って結構多いのですが、「〇時間でいくら」という制度だと結構時間を気にして楽しめないですよね。

でも東京あそびマーレの場合は、この金額で営業時間の最後まで遊べるので、かなり良心的に感じます。

東京あそびマーレの割引やクーポン

とはいえ保護者と子供の分の料金と考えると若干痛い出費にもなってしまうので、出来たら割引やクーポンがあったらうれしいですよね!

東京あそびマーレってクーポンとか結構あるんじゃないかな?と思って探したのですが、クーポンは少ない方だな…という感じ。

優待サービスなどを探してみてもなかなか見つけられなかったのですが、割引クーポンや少しでも安く利用できる方法をいくつか見つけたので紹介していきたいと思います!

遊びに行く前にチェックしてみてください。

ナイト価格でちょっとお得

東京あそびマーレでは平日15:00~/休日16:00~からの利用の場合、ナイト料金になります。

ナイト料金 1,000円

夕方からちょっと遊ぼうかなという時には、この時間帯以降を狙って行くのもありですね!

障害者手帳をお持ちの方は安くなります

障がい者手帳をお持ちの場合、以下の料金で入場利用できます。

HC(障害者手帳をお持ちの方ご本人限り) 700円

当日、手帳の提示が必要になりますので利用する場合は忘れずに持っていきましょう。

団体利用をする

事前予約が必要になりますが、2歳以上の人の人数が20人以上の利用の場合、団体料金が適用されます。

mayu
0歳児や1歳児のお子さんは団体対象の人数カウントはされませんのでご注意ください。

団体予約料金は以下の料金になります。

20名~ 1,000円
30名~ 900円
40名~ 800円
HC(障がい者手帳をお持ちの方) 700円

いこーよのクーポンを入手する

東京あそびマーレに行く前に是非チェックしておきたいのが「いこーよ」のサイト。

お子さんとのお出かけ情報サイトとして愛用しているお母さんも多いのでは?と思います。

いこーよで東京あそびマーレのクーポンが入手できます。

通常 クーポン利用
平日券 1,200円 1,100円
休日券 1,500円 1,400円

このように100円の割引クーポンが使えるので、お子さんと保護者の分で200円ほどお得になります!

利用の際はクーポンを事前に印刷して窓口で提示するか、クーポン画面をスマホで提示するかのどちらかで利用して下さい。

ちなみにいこーよのクーポンは1枚で5名分までの割引が可能です。

EPARKママこえのジョルダンクーポンを利用する

いこーよ!のクーポンを利用するという人も多いようですが、ジョルダンクーポンからも出ているので一緒にご紹介しますね!

お子さんとのお出かけ情報として利用できる「EPARKママこえ」への登録が必要となりますが、登録している人は乗り換え案内ジョルダンクーポンで100円割引の前売りチケットを購入する事が出来ます。

室内遊園地+スノータウンパック
  • 平日1,200円 → 1,100円
  • 休日1,500円 → 1,400円

発行日より3日間有効です。

ちなみにEPARKママこえは、小学6年生までのお子さまがいらっしゃるママ・パパ、妊娠中のプレママ・プレパパが無料で登録する事が出来ます。

mayu
東京あそびマーレの他にも色々なお出かけスポットの情報を知る事が出来ますし、クーポンも入手できるので、登録しておくととても便利ですよ!

JAF会員の人は是非活用を!

元々ロードサービス利用の目的でJAF会員に入っているという人も多いと思いますが、JAF会員は豊富な優待サービスが利用できるというメリットもあります。

その優待サービスの中で東京あそびマーレがありますので利用して下さい。

あそびマーレ入場料・スノータウン利用料
  • 平日1,200円 → 1,100円
  • 休日1,500円 → 1,400円

他のクーポンなどと同じような割引額ですが、受付時にJAF会員証を提示すれば割引されます。

mayu
『JAF会員証忘れがち!』という方は、アプリを利用すると便利ですよ!
JAFデジタル会員証

JAFデジタル会員証

JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION無料posted withアプリーチ

この割引は5名分まで有効です。

メルカリやヤフオクをチェック

メルカリやヤフオクでお得に利用できるものが出品されているか、たまにチェックする事があるのですが、たまーに東京あそびマーレを半額で利用できる割引券や無料招待券などが出品されていることがあります。

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

ヤフオク!

ヤフオク!

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

ちなみに割引券の場合、600円位で出品されていることがあります。

割引券自体は1枚で5名までが有効なので、1人で使うと割高になってしまいますが、2人以上の利用に関しては人数が増えるほどお得になりますので、半額割引券の出品がないかのチェックはしておくといいでしょう。

じゃらんのネット予約を利用する

じゃらんのサイトからネット予約でチケット購入をする事が出来ます。

金額は残念ながら通常料金になってしまうので、割引がされていないのですが、このネット予約、オンライン決済専用となっています。

東京あそびマーレでは、入場料金の支払いやフードコートでの支払いは現金のみなのでクレジットカードや電子マネーを使うことができません。

そのため、クレジットカード利用分のポイントが期待できません。

ですが、じゃらんのネット予約を利用する事でオンライン決済になり、クレジット払いを利用する事が出来るので、この方法であればクレジットカード決済分のポイントをゲットする事が可能になります!

食事とかはどうする?

遊びに行った時にちょっと気になるのが食事事情。

施設によっては飲食物の持ち込みが禁止されていて、施設内で食べないといけない!というところもありますよね。

でも、東京あそびマーレの場合はこの心配は不要です。

一応フードコートがありますが、東京あそびマーレへの飲食物の持ち込みは自由になっています。

なので、お弁当を作って持ってきているという人も多く見かけます。

途中退場をする場合はスタッフに一声かける必要はありますが、一時退場する事が可能なので、近くで外食する事も出来ます。

近くにマクドナルドやサイゼリヤ、はま寿司とかあるのでそこで食事をしても良いですよね!

もしくは連絡通路経由でスーパー三和に行く事も出来ますので、そこでお手頃な価格のお弁当を買って食べるという方法もありです。

やっぱり一番割安になる方法と言ったらお弁当を作って持っていくという方法になるでしょうか?

mayu
いずれにしても色々な選択肢があるので利用しやすいですね!

駐車場は利用する場所によってお得になる!

東京あそびマーレに行く時に電車やバスを使うという方法もありますが、車で出かけた方が色々と便利ですよね!

となると、ちょっと気になるのが駐車場。

東京あそびマーレに行った時にどこに車を停めるか?という問題が出てきます。

おすすめする場所は以下の2か所になります。

  • 第1駐車場(スーパー三和側の立体駐車場)
    一日最大700円で利用可能です
  • 第2駐車場(あそびマーレ側の屋上駐車場)
    一日最大600円で利用可能です

おすすめは第2の屋上駐車場ですね!

この2か所の駐車場ですが、東京あそびマーレでの入場利用で、4時間までは無料で使えますので、是非利用して下さい!

mayu
とはいえ、どちらにしても1日最大で600円~700円って考えたら「たまにはいいかな?」と思える良心的なお値段ですね。

無料で利用できる遊びをチェック!

東京あそびマーレで楽しめる遊びには、無料で利用できるものと有料(100円チケットを別途必要)の遊びがあります。

もし「今日は100円チケット購入やめておこうかな」という時にも楽しめる無料の遊具をご紹介しますね!

ボール温泉
大きなビニールプールに柔らかボールがいっぱい入っているので、お子さんはちょっと動きにくいかもしれませんが、たくさんのボールでテンションはとても上がります。
意外かもしれませんが、大人も一緒に楽しめてしまいます。
キッズゾーン
0歳児から幼稚園児ぐらいの子までが楽しめるエリアです。
靴を脱いで靴箱に入れてから入る場所で、絵本やおもちゃなどがあります。
おままごととかも出来ますよ!
床部分はクッションマットが敷き詰められているので安心して遊ばせる事が出来ます。
ふわふわ滑り台
ビニール製の空気を入れて膨らんでいる大きな滑り台なので安心して遊べます。
滑り台を上る方はボルタリングみたいになっていて滑った後の着地もボールプールになっています。
まだお子さんが小さすぎる場合はお父さんやお母さんが抱っこして一緒に滑ると安心。
でもここで注意したいのがスピードなんです。
大人の感覚で普通に滑ってしまうと子供さんがびっくりして泣いてしまうのでスピードは控えめに滑るようにしてあげて下さいね。
バッテリーカー
運転して動くタイプですが、親が運転している場合が多いです。
しかもお父さんたちが結構楽しんでいます。
スピードはゆっくりタイプですが、これも無料で楽しめるのでおすすめです!
トランポリン
トランポリンはただ跳ねているだけといったイメージですが子供さんに大人気。
より高く跳ぼう、跳ぼうとして結構夢中で跳ねています。
小学生や大人が使うタイプと園児用、未就学児童用と3つのタイプが準備されていて、一人用になっています。
なので、跳んでいる時に他の子とぶつかってしまうという心配もなく、周辺にガードもちゃんとついているので楽しめます。
ただ、人気があるだけに、混雑時だと1人2分ずつといった交代制になる事もあります。
なげるんだー
これも大人、子供共に人気のスポット。
白い大型スクリーンに下がボールプールになっています。
スクリーンにはプロジェクターで色々と敵などが映し出されて指示に従ってボールを投げるという遊びです。
子供さんにとっては怪獣とかの敵に向かってボールを投げてやっつける楽しさがある一方、同じゾーンにマッサージチェアがたくさん並んいるので、夢中になって遊んでいるお子さんをよそにマッサージチェアで休憩しているお父さん、お母さんたちがたくさんいます。
ある意味、大人にも子供にも人気というのがなんとなくわかりますね。
番外:有料だけどおすすめしたいビルダーズ
これはチケットを使う有料タイプなんですが、大人も子供も楽しめて人気のある遊びなので是非紹介させてください。
小さいタイプのクレーン車とかを操作してボールとかをつかんで移動させるものです。
普段、重機的な機器とかを操作する機会がないので、保護者の人(特にお父さん)も夢中になってしまっている人もいますし、お子さんにっとっても重機って普通の車と見た目が違うからなんか憧れがありますよね。
そんなクレーン車とかを操作できるとあって結構人気があります。

スノータウンは夏におすすめ!

東京あそびマーレに遊びに来た時に一緒に楽しんでおきたいのがスノータウンです!

いつの時期でも室内で雪遊びが出来るので、普段から積もった雪を見る事のない場所で育っている子どもにとってはテンションの上がる世界です!

mayu
特に夏の暑い時期とかに雪遊びが出来るので最高です!

スノータウンの利用もおすすめしたいのは平日。

土日だと結構たくさんのお子さんたちがワイワイ遊んでいて『他の子にぶつかったりしない?大丈夫?』という感じです。

しかも、混雑時は時間ごとに入れ替え制になってしまうので、思う存分遊べない場合もあります。

ですが、平日に行った場合、タイミングが良いとほぼ貸し切りに近いぐらい空いている状態で楽しめちゃう事も。

ソリでたくさん滑って遊ぶことが出来ますよ!

そのまま遊びに行く人も多いので、スノータウンを利用の際には長靴やそりを無料で貸してくれます。

長靴のサイズも14~28cmのサイズが揃っていますので、ほとんどの人がそのまま貸し出しの長靴を使って遊べると思います。

しかも長靴が結構カラフルでカワイイ!という点もポイントですよね。

スノータウンで遊ぶ時の手順は以下の2つ。

  1. 長靴を履きます
  2. オープニングムービーを見ます(遊ぶ時の注意事項はこの手順で説明されます)

この2つの手順が終わったらスノータウンで遊ぶことが出来ます。

スノータウンは室温が18℃から20℃位に保たれているので、長時間遊んでいる場合は風邪をひいてしまわないか心配ですよね。

なので、スノータウンを使うかも?という可能性がある場合は、体を冷やさないように羽織るものを準備しておくといいです。

また、手袋は貸出がないので持って行った方がいいです。

後は念のため靴下などの着替えを準備しておくと、遊んだ時の汗で体が冷えてしまうという心配も対策出来ますね。

東京あそびマーレの方でも雪遊びで濡れてしまった時のために手袋、靴下、Tシャツは販売していますので必要に応じて購入すると良いでしょう。

まとめ

これから本格的な夏、そして夏休みもやってきますよね。

体力の有り余った子どもと遊ぶにしても、最近の夏は暑すぎて、外遊びも心配というのが本音ではないでしょうか。

そんなときには東京あそびマーレ!!
スノータウンで思いっきり遊びましょう♪

mayu
上手にクーポンを活用して、楽しんでくださいね!

東京ワンピースタワーの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年6月13日

としまえんの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年4月23日

ナンジャタウンの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年3月12日

東京ジョイポリスの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年1月24日