ライフカードのポイント還元率はどう?年会費は?効率よく貯める方法もまとめてみました。

知る人ぞ知るクレジットカード・ライフカード。注目すべきは誕生月に還元率がぐんと3倍に跳ね上がる点!サブカードとして持っている人が多いことで有名です。

私も誕生月である10月はライフカードをメインのクレジットカードとして使用していますが、とてもお得だと感じています。

まだライフカード作っていない人は是非チェックしてみましょう!!

ライフカードは誕生月のポイント還元率が3倍に!

ライフカードの最大の特徴はなんといっても「誕生月にポイント還元率が3倍」という点。

ライフカードの通常時のポイント還元率は1000円ごとに1ポイントです。これが誕生月になると1000円ごとに3ポイント付与されるのです。

更にライフカードを作った初年度(1年間)はポイント還元率が1.5倍となります!

ちなみに以前はこの誕生月のポイント還元は5倍だったんですけどね・・・少し前に改悪があったようで現在は3倍になってしまっているようです。

それでも誕生月にポイント還元率が3倍になるクレジットカードは他にありませんから、かなり魅力的ですよね♪

ライフカードの1ポイントあたりの価値はいくら?

「ポイント還元率はわかったけれど、一体その1ポイントでどのくらいの価値があるの?」という点が最も気になると思います。

そこで以下にライフカードの主要ポイント交換先をまとめてみました。

ポイント交換
ANAマイル 1pt→2.5マイル
dポイント 1pt→5ポイント
au WALLET ポイント 1pt→5ポイント
楽天ポイント 1pt→5ポイント
ベルメゾン・ポイント 1pt→5ポイント
金券・ギフト券交換先
ANASKYコイン 200pt→900コイン(900円相当)
Amazonギフト券 1000pt→5,000円分
ビットコイン 600pt→3,000円分
Vプリカ 600pt→3,000円分
Vプリカ 1000pt→5,000円分
AOYAMAギフトカード 1000pt→10,000円分

 

ライフカードの主要交換先を見てみると大体1pt=5~10円程度といったところのようです。

ちなみにANAマイルは1マイルが大体2~4円程度と言われています。ANAマイルの場合はどの区間・時間帯の航空券を予約するかによっても価値が大きく変わりますが、そこまで考え始めるとキリがないのでざっくり考えて1pt=5円程度の価値があると考えておくと良いでしょう。

となると、通常時は1000円ごとの利用で1pt=5円貯まる計算となり、還元率は0.5%

誕生月は還元率が3倍となるので1.5%の還元率ということになりますね。

通常時のポイント還元率はそこまで高還元とは言えないのですが、誕生月の1.5%はまぁまぁ高めかなという印象ですかね。

ANAマイルへポイント交換し、価値のある航空券を予約するという使い道なら更に還元率は高まりそうですね。

あとはAOYAMAギフトカードへの交換もなぜか還元率が高いのでおすすめ◎AOYAMAギフトカードは洋服の青山で使うことが出来ます。

ちなみに私も貯まったライフカードのポイントは迷わずANAマイルへ交換しています。

私は実家が飛行機でないと帰れない距離なのですが、ライフカードやANAカードなどでマイルを貯めているので帰省にかかる飛行機代は毎回0円で済んでます♪

私のように飛行機に乗る機会がある人はライフカードをサブのクレジットカードとして作っておいて損はないと思います。

あとは洋服の青山でよく買い物をするという人も損はないと思います。

ライフカードで1000円未満の支払いはポイント付与はどうなる?

そこで更に気になるのは、1000円未満の支払いのときのポイント付与について。

「あとちょっとで1000円だったのに・・・」というような少額のお買い物のときにポイントがつかないとがっかりしてしまいますよね。

調べてみた所、厳密には100円単位(0.1ポイント)でポイント付与されるようなので、1000円未満の場合もしっかりポイントが付くようです。これなら少額支払いのときでも安心して使うことが出来ますね。

しかし、100円未満の支払いの場合はポイント付与されないようなのでその点はご注意を。

更に年間利用額に応じてボーナスポイントも!


更に年間利用額に応じてボーナスポイントや、ステージポイントが付与される仕組みになっています。

年間50万円以上でボーナスポイントが300pt貰える

年間50万円以上ライフカードでお買い物をすると、300ptがもれなく付与されます。

1pt=5円程度の価値があるので、300ptだと1500円分相当のポイントということになります。この300ptが更にポイント還元率を引き上げることになりますね。

ステージポイントで次年度の還元率が1.5~2倍に

更に年間利用額に応じて、次年度のポイント還元率が1.5~2倍になります。

  • 年間50万円以上
    →次年度の基本ポイントが1.5倍(1000円につき1.5pt)
  • 年間100万円以上
    →次年度の基本ポイントが1.8倍(1000円につき1.8pt)
  • 年間200万円以上
    →次年度の基本ポイントが2倍(1000円につき2pt)

このように年間利用金額が多くなれば多くなるほど、ポイント還元率がアップしていく仕組みになっています。

なお、このステージポイントについては誕生月のポイント3倍と併用はされません。
誕生月はどのステージだったとしても3倍となります。

3倍×2倍で6倍!?となるわけではないので、その点についてはご注意を。

ライフカードの年会費は?

そして、クレジットカードを作る前に必ずチェックしておきたい点が年会費のことですが、ライフカードの年会費は永久無料です。

これなら誕生月用としてクレジットカードを作ったとしても、うっかり忘れた頃に年会費が引き落とされちゃった・・・なんて心配もなさそうです。

ライフカードのポイントの有効期限は?

もう1つ気になる点としてはポイントの有効期限について。

ライフカードのポイントは最長で5年間繰り越すことが出来ます。

もう少し詳しく説明すると、最初の2年間は自動的にポイントが繰り越されますが、それ以降は自分で繰越の手続きをしなければいけないので注意が必要です。

私も基本的に誕生月にしか利用しないので、ポイントの存在をすっかり忘れており、先日ログインしたら有効期限ギリギリでちょっと焦りました・・・(汗)

せっかく貯めたポイントが気がつけば失効していた…なんてことがないように、早めに交換をするor繰越手続きを忘れないように。

ライフカードの国際ブランドの種類は?


VISA/MasterCard/JCBの3種類から作れます。
もちろんどのブランドを選んでも、ポイントの還元率や年会費に違いはありませんが、後ほど説明する電子マネーチャージをするのであれば、対応しているブランドをしっかり選んでおく必要があります。(後ほど説明します)

ライフカードのお得な使い方は?

誕生月の支払いはライフカードで!


ライフカードは、誕生月にまとめて買い物をするのがやはり1番王道の使い方ですね。
私もここ数年はライフカードを誕生月専用カードとして使っています。

誕生月に電子マネーをまとめてチャージ!

「誕生月の支払いをライフカードに切り替えるといっても、普段からそんなに大きな買い物はしないからポイントそんなに貯まらないかも……」という場合には、ライフカードを使ってSuicaなどの電子マネーにチャージをするという方法も◎です。

電子マネーチャージなら、チャージした後はコツコツと自分のタイミングで使うことが出来ます。普段電子マネーをよく利用している人ならアリな方法だと思います。

更にau WALLETなら利用時に0.5%のポイントが付与されるので、実質ポイント還元率は2%ということになります。1.5%より更に上のポイント還元率を目指すならau WALLETチャージですね。

ライフカードからチャージできる電子マネー

  • モバイルSuica(VISA/MASTER)
  • ICOCA(全ブランド対応)
  • au WALLET(MASTERのみ)

ちなみに楽天Edyとnanacoもチャージ可能ですが、ポイント付与対象外となっているのでその点は注意が必要です。似たような部類になりますが、ライフカード販売のJCBギフトカードについてもポイント付与対象外です。

まとめてチャージをするならSuicaやICOCA、au WALLETにしましょうね。

また、電子マネーにチャージできる国際ブランドもそれぞれ異なりますので、申し込む前に要チェックです。

MasterCardならどの電子マネーにも対応していますので、MasterCardを選んでおくと無難かなと思います。

ネットショッピングはL-Mall経由で!

ライフカードを使ってネットショッピングをするのなら、L-Mallを経由すると更にポイントを獲得することが出来ます。

なんと最大で25倍のポイントを獲得できるというのですから、ライフカードを作ったらこれを使わない手はありませんね。

例えば、ヤフーショッピングの場合、L-Mall経由でお買い物をすると、通常ポイントの付与(1000円につき1pt)のところを、L-Mallボーナスポイントとして2倍のポイントが付与されます。

つまり、1000円につき1pt×2倍=2ptを獲得することが出来るということになるんです。

最大で25倍となると1000円=25ptとなり、1pt=5円計算で考えると、なんとその還元率は12.5%と超高還元率になるんです!!!

L-Mallの人気ショップの一例

  • 楽天(2倍)
  • Yahooショッピング(2倍)
  • じゃらんnet(3倍→4倍にUP中)
  • ベルメゾンネット(2倍)
  • ゾゾタウン(2倍)
  • ユニクロオンラインストア(2倍)
  • ロハコ(3倍)
  • エクスペディア(6倍→9倍にUP中)
  • ヤフオク(2倍)
  • ビックカメラ.com(3倍)

※2018年5月時点

など、定番どころのネットショッピングはほぼ網羅しているといっても過言ではないです。ネットでなにか買おうと思ったらまずはL-Mallを覗いてみると良いと思います。

まとめ

以上、気になるライフカードのポイント還元率や、ポイント交換先などあれこれまとめてみました。

誕生日って大人になった今、特別に楽しみなものではなかったりしますが、こういうお誕生日特典みたいなものがあると嬉しいものですよね。

残念ながら少し前に誕生月特典が5倍→3倍に改悪されてしまいましたが、それでも年会費が永年無料ですし、上手に使えばかなり高還元になる良いクレジットカードだと思います。

ぜひ、ライフカード作ってみてくださいね!