花やしきの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

都内の遊園地といえば東京ドームシティやとしまえん、サマーランドやジョイポリスなどがありますが、花やしきってたまに行くと楽しめちゃうんですよね。

mayu
なんかレトロというかほっこりした気分と懐かしい気分、思いっきり楽しめるという気分、それぞれが一緒に味わえるというんでしょうか?
個人的に好きです。

そんな花やしき、何回も遊びに行きたいので、お得な割引情報やクーポンがないのか?と探してみました。

皆さんもぜひ参考にしてみて下さい!

花やしきとは?


花やしきといえば日本で一番古い遊園地としても有名ですよね!

浅草花やしきは、2013年に160周年を迎えたほど歴史のある遊園地。

浅草寺や仲見世の近くにあるので、花やしきで遊んだ後に浅草寺に立ち寄ったり、仲見世で飲食するというのも楽しみの一つという人もいるのではないでしょうか?

アクセスはというと、

  • つくばエクスプレス「浅草」駅
  • 地下鉄銀座線「浅草」駅
  • 地下鉄浅草線「浅草」駅
  • 東武スカイツリーライン「浅草」駅
この4つの路線で浅草駅に向かうことが出来ますし、各駅の出口から3分から5分ぐらいのところにありますのでとても便利です。

駐車場がないため、近くのパーキングを利用するという点がちょっとデメリット。

近隣の駐車場は混んでいる事が多いので、電車で遊びに行く事をおすすめします。

基本的に年中無休で営業しており、まれにメンテナンスによる休園日があるという程度なので、いつでも遊びに行くことが出来ます。

mayu
ちなみに公式ホームページのトップに本日の営業時間がでていますし、営業カレンダーもありますよ!

こんな感じで、営業時間と天気が表示されます。

花やしきといえば、昔ならではと思えるようなアトラクションがいっぱい楽しめます。

ローラーコースターやスペースショットは結構迫力がありますので、一度体験してみて下さい。

時速42kmと言っても結構な迫力のあるローラーコースターは人気のアトラクションです。

mayu
夏休みの時期や土日といったおやすみの混雑する時期だと、待ち時間が30分から1時間ぐらいかかってしまう場合がありますので、注意して下さいね。

他にも遊園地ではお約束ともいえるメリーゴーラウンドやお化け屋敷もあります。

以前は『花やしきのお化け屋敷には本物の幽霊が出る』という噂もありましたが、今はもう別の新しいお化け屋敷になっていますのでご安心を。

でも怖さは充分味わうことが出来ます。

そして子ども向けのちびっ子観覧車やちびっ子タクシーは、是非お子さんたちに体験させてあげて下さい。

謎解き系や迷路もあって、頭を使ったアトラクションも多彩。

mayu
イベント企画も定期的に行われていますので、何回行っても飽きる事がありません。

花やしきの通常料金は?

それではまず花やしきを普通に利用した場合の通常料金を確認してみましょう。

入園料
大人(中学生以上~64歳) 1,000円
小人(小学生) 500円
未就学児 無料(のりものは2歳より有料)

これは入園料なので入る時に発生する金額。

花やしきに入れるだけで、のりものを利用する場合は別途かかります。

のりもの券(入園料別途)
普通券(1枚) 100円

アトラクションによって必要なのりもの券の枚数が違っていて、だいたい2~5枚で使用する場合が多いです。

一部現金払いのアトラクション(イベント?)もあります。

花やしきの割引クーポン

花やしきをお得に利用する方法をご紹介しますので、利用できそうなものがあれば試してみてください!

シニア料金で割引

65歳以上の方が花やしきに行った場合、入園料がお得になります!

シニア(65歳以上) 500円
mayu
半額になるんですね!!

65歳以上の方は、自分の年齢が証明できる免許証や保険証などを持参することを忘れないようにしましょう!

回数券を利用する

のりもの券を必要な度に購入するのも良いのですが、『あれもこれも乗りたい!』と決まっている場合は、回数券を購入したほうがお得です。

回数券は以下の値段です。

回数券(11枚綴り) 1,000円
mayu
のりもの券1枚分お得になります。

とはいえ、先ほども軽く触れたように、アトラクションによってはのりもの券が5枚必要なものもあります。

自分が乗りたいアトラクションに乗る場合、のりもの券が何枚必要なのかを調べてお得な買い方をするようにしてくださいね。

フリーパスを使う

のりもの全制覇するぞ!!
という場合は、のりもの券を何回も購入して使うよりフリーパスを使った方がお得になります。

園内のチケットハウスで購入できます。

大人(中学生以上~64歳) 2,300円
小人(小学生) 2,000円
シニア(65歳以上) 1,800円
未就学児(2歳以上) 1,800円

フリーパスは係員が一人ずつの腕につけるので、フリーパスを利用する予定の人は全員並ぶようにして下さいね。

障がい者割引を利用する

障がい者手帳をお持ちの場合は、手帳を提示する事でご本人は入園料が無料になります。

乗り物を利用する際にはまた別途、のりもの券を購入する事になります。

団体割引を利用する

15名以上で利用する場合、団体割引を利用することが出来ます。

mayu
入園料とのりもの券がセットになったお得な「団体特別セット券」もありますので、必要に応じて利用してみて下さい。

入園のみ

大人(中学生以上~64歳) 800円
小人(小学生) 400円
シニア(65歳以上) 400円
未就学児(2歳以上) 無料

入園+のりもの3回券

大人(中学生以上~64歳) 1,500円
小人(小学生) 1,100円
シニア(65歳以上) 1,000円
未就学児(2歳以上) 600円

入園+のりもの5回券

大人(中学生以上~64歳) 1,900円
小人(小学生) 1,500円
シニア(65歳以上) 1,400円
未就学児(2歳以上) 1,000円

入園+フリーパス

大人(中学生以上~64歳) 2,600円
小人(小学生) 2,000円
シニア(65歳以上) 1,800円
未就学児(2歳以上) 1,400円
お問い合わせ/予約
03-3842-8780

幼稚園、保育園、学童は別途料金設定もありますので、気になる方はまずはお問い合わせを。

また、浅草花やしき障がい者団体割引もあります。

障がい者団体割引入園のみ

大人(中学生以上~64歳) 無料
小人(小学生) 無料
未就学児(2歳以上) 無料

障がい者団体割引 入園+のりもの3回券

大人(中学生以上~64歳) 400円
小人(小学生) 400円
未就学児(2歳以上) 400円

障がい者団体割引 入園+のりもの5回券

大人(中学生以上~64歳) 700円
小人(小学生) 700円
未就学児(2歳以上) 600円

障がい者団体割引 入園+フリーパス

大人(中学生以上~64歳) 1,200円
小人(小学生) 1,000円
未就学児(2歳以上) 900円

こちらも利用される場合は、上記の電話番号にお問い合わせ・予約をおこなってくださいね!

2019夏平日限定学割キャンペーン『学割王決定戦』(期間限定)


これは2019年7月31日までの期間限定の情報になりますが、『学割王決定戦』というキャンペーンを行っています!

入園料+フリーパスが通常3,300円のところ、800円お得な2,500円で購入可能!

mayu
というだけではないんです…!
  1. 花やしきで遊んで、アトラクションに乗ってスタンプを貯める
  2. 花やしきのSNS公式アカウントをフォロー
  3. 「#花やしき王決定戦」をつけて、花やしきで撮った写真をアップ
  4. 帰りにインフォメーションに行ってスタンプカードを渡す

とにかくたくさんのアトラクションに乗りまくる必要はありますが、お得なチケットで遊びまくるだけでBBQペアチケットが当たったり、なんと令和元年パスがもらえてしまうのです…!

mayu
な、なんてお得…!学生に戻りたい…!

ちなみに7月の最高記録は、今の所87回(31,500円分)なんだそう。
空いている日を狙った上で、本当に休みなく乗ればクリアできる回数なのでしょうか……ツワモノすぎますね(^_^;)

ちなみに、こちらのキャンペーンに参加できるのは

  • 中学生
  • 高校生
  • 専門学生
  • 予備校生
  • 短大生
  • 大学生
  • 大学院生

で、受付場所は浅草門、笑運閣門の2箇所になります。

mayu
学生証を忘れずに持っていってくださいね!
コピーは不可ですよ!

4歳以下のお子さんと遊びに行くなら花やしきがおすすめ!

入園の際に、4歳までの子どもには「年齢確認シール」が渡されます。

mayu
お母さんは、お子さんの左胸・肩などの良く見える位置に貼ってください。

そして、花やしきの公式サイトの「小さなお子様をお連れの方へ」というところにも以下の内容が書かれています。

4歳以下のお子様とご来園の方に朗報!お付き添いの方は乗り物無料!
安全上4歳以下のお子様に、中学生以上の付き添い乗車をお願いしております。
その際、お付き添い1名様の乗り物料金は無料でご利用いただけます。

これは安全に運営していくといった理由からですが、4歳以下のお子様に、中学生以上の付き添い乗車をお願いしています。

この時、付き添い1名様の乗り物料金は無料で利用が出来るのです。

これなら保護者の人だけではなく、中学生以上のお兄ちゃん、お姉ちゃんが保護者として、小さい子と一緒に乗り物に乗る事が出来るので安心ですよね!

何より、小さなお子様も乗り物を楽しむ事が出来ます。

mayu
4歳以下のお子さんがいて、遊園地とか連れて行ってあげようかな?と思っているようであれば花やしきがおすすめですよ!

JAFを利用する

mayu
車の運転中に急なトラブルがあって困る事ってありますよね。

そんな時のために利用できるロードサービスがJAFです。

JAFはいざという時に非常に心強いのですが、ロードサービス以外のサービスも充実。

普段はとてもお得な優待割引を利用することが出来ます。

JAFでは以下の優待内容となっています。

乗り物券(10枚綴り) 一般1,000円 → 会員700円

園内チケットボックスにてJAF会員証を提示して下さい。

のりもの券のみの割引なので、入園料は別途かかります。

でも、この割引対象は5名までなので、家族で利用する時にとてもありがたいです!

『JAF会員証忘れがちだな…』という方は、アプリのデジタル会員証を活用してくださいね!

JAFデジタル会員証

JAFデジタル会員証

JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION無料posted withアプリーチ

dエンジョイパスを活用する

ドコモが提供している、様々なお得な優待サービスを受ける事が出来るdエンジョイパス

月額500円を払う事で利用することが出来ます。

色々な優待サービスを受けることが出来るので、パッと見ると月額料が気になるところですが、実際のところは月額以上の得をする事になるので利用者が多いサービスです。

dエンジョイパスで利用できる優待サービスは以下のものです。

乗り物券(10枚綴り) おとな・こども1000円 ⇒ 700円

割引率はJAFと同じですね!こちらも5セットまで購入することができます。

JTBチケットも忘れずにチェック

レジャーを利用する際に事前にチェックしておきたいのがJTBチケット

mayu
コンビニから購入できるのが便利ですよね!

JTBチケットからは浅草花やしきの入園+フリーパス料金が、割引価格で購入することが出来ます。

中学生以上 3,300円 → 2,700円
65歳以上 2,300円 → 1,900円
小学生 2,500円 → 2,000円
未就学児 1,800円 → 1,500円

入園+フリーパス(乗り物乗り放題)のお得なチケットなので、一部アトラクション・コインゲーム・コイン式乗物・縁日を除くアトラクションが乗り放題です。

花やしきの割引チケットの商品番号:0236681

以下のコンビニから購入することが出来ます。

  • セブン-イレブンのマルチコピー
  • ローソン/ミニストップのLoppi
  • ファミリーマートのFamiポート
mayu
一度購入したら、取り消しや払い戻しが出来ませんので、その点は注意してくださいね!

生協を利用されている方

生協の会員だという方は、ライフなびのサイトを利用できると思います。

ライフなびを利用すると以下の割引価格で購入できます。

入園+フリーパス

中学生以上 3,300円 → 2,700円
小学生 2,500円 → 2,000円
65歳以上 2,300円 → 1,900円
未就学児 1,800円 → 1,500円

JTBチケットと同じ割引率ですね!

こうやって見てみると、300円~600円ほど割引価格で購入できるのでかなりお得です。

生協の会員に入っているという人はお見逃しなく。

デイリーPlusを利用する

デイリーPlusは、Yahoo!とベネフィット・ワンが共同で運営している会員割引サービス。

月額540円を払う事で100万件を超える優待サービスを受けることが出来ます。

デイリーPlusに入っていると以下の割引を利用できます。

乗り物券(10枚綴り) おとな・こども1000円 ⇒ 700円

このようにJAFと同じ内容の優待サービスを受けることが出来るのでお得ですね!

ベネフィットステーションプライベートを利用する

会員優待割引が利用できるサービスは色々とありますが、ベネフィットステーションプライベートもおすすめです。

ベネフィットステーションは会社の福利厚生サービスとして活用できるものですが、ベネフィットステーションプライベートは個人でも申し込み出来ます。

また、利用できるサービスも140万件を超えているので、色々なサービスを利用できますね!

しかも月額が324円と他の会員優待割引より安く利用することが出来るんです!

mayu
月額を少しでも安くしたい!という人にはお勧めです。

ベネフィットステーションでの優待サービス内容は以下のものになります。

乗り物券(10枚綴り) おとな・こども1000円 ⇒ 700円

クーポン1枚につき5セット分まで購入することが出来るので、家族で利用する時にも便利ですね!

こちらも入園料は含まれていませんので、別途かかります。

花やしきの日は注目


花やしきは2013年に160周年を迎えました。

それを機に8月7日は花やしきの日となったので、毎年8月7日は入園料が無料になります。

なので、8月7日はぜひとも遊びに行きたいですよね!

ただ、夏休み中の期間という点もありますので混雑が予想されます。

mayu
「混んでるかも?」という点は理解して遊びに行くようにして下さいね。

リロクラブやJ:COM会員の人

福利厚生アウトソーシングサービスのリロクラブの会員になっている方、そしてケーブルテレビの契約などの都合でJ:COM会員になっているという人はクラブオフの利用が可能です。

宿泊施設や食事、ショッピング、映画、エンターテインメント、育児、介護など、さまざまなサービスを優待価格で利用できます。

リロクラブやClub Off by J:COMの人は以下の割引価格で花やしきを利用できます。

入園料割引
大人(中学生以上64才まで) 1,000円 → 900円
小人(小学生) 500円 → 400円
mayu
こちらの割引も5名まで利用が可能で、家族やお友達と一緒に利用することができますよ!

クレジットカード系のお得情報はないの?


よくイオンカードやエポスカードを持っていると色々な優待が利用できるというメリットがあるのですが、これらのクレジットカードは花やしきの優待は取り扱っていないようです。

しかも、現地でチケット購入する場合、クレジットカードで支払う事が出来ません。

なので、クレジットカードのポイント還元が出来るという方法も利用できません。

mayu
クレカのポイントも貯めたいのであれば、JTBでチケットを購入するのが◎です!

オークションやメルカリをチェックしてみる

オークションやメルカリをチェックしてみると、たまに花やしきの大人フリーパスが出品されている事があります。

大体300円位の割引価格で売られていることが多いので、チャンスがあれば入手してみるというのも一つの方法です。

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

ヤフオク!

ヤフオク!

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

花やしきを楽しむ時にこれを覚えておいて!


花やしきで色々と楽しんでいる時に『ちょっと外で食事をしたいな~』って思ったり、『ちょっと仲見世でおやつでも食べたいな~』と思う事ってありませんか?

花やしきは利用した当日であれば再入場が可能なんです!

出口で手にスタンプを押してもらえばOKです。

戻ってきた時にチケットとスタンプを見せれば、また再入場して遊ぶことが出来ます!

まとめ

日本最古の遊園地「花やしき」ですが、様々なクーポンがあることが分かりました!

一番簡単に利用できるのはJTBでしょうか。コンビニにさえ行けば、お得なチケットを購入することができてしまいますね!

なんだかんだ、乗り物に乗ろうと思うと、チケットの消費が激しいと思いますので、
よほど混雑していて、なかなか乗り物に乗れない!ということにならない日であれば、フリーパスが一番お得なのではないかな~と思います。

雰囲気を楽しみたい場合は回数券でもいいかもしれませんね!

mayu
学生さんは、ぜひ今開催中のイベントに参加してみてください!BBQペアチケットを手に入れるチャンスですよ♪

東京ドイツ村の割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年6月26日

東京ワンピースタワーの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年6月13日

としまえんの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年4月23日

ナンジャタウンの割引クーポンまとめ!通常料金より安く入場する方法を徹底調査!

2019年3月12日